オールシーズン・ダイエット

夏は露出が増えるので…冬は正月太りを戻すため…春は出会いのために…秋は食欲を抑えるために…。男女問わず、季節を問わず、ダイエットは一年中やる必要のある行事です。季節に合ったダイエット方法を行いましょう。

春の新たな出会いにはダイエットが必須です!

ダイエットをしようと思っていてもなかなかチャンスがない、ということがあります。
その理由は始める日を先延ばしにして辛い日々をスタートさせたくないのと同時に、自分にとって良い機会でないことがあります。
日常の延長でダイエットをしようとしても、どうしても日々の生活に追われて今日からスタートできる状況ではなくなります。
今日は疲れたから明日にしよう、来月になったら始めようと先延ばしにしても困ることがありません。
これといった見える目標がないために、ダイエットをする自分をイメージできないのです。
これではいつまでたっても痩せた自分を実現化することができません。
良い機会や、新しい自分になるための絶好のタイミングを自分で演出すれば、ダイエットを始めるきっかけになります。
春は新しい出会いがたくさんあります。
卒業や就職、転職や転勤、引越しなど新しい出会いの季節です。
第一印象をよくしたい、少しでもきれいな自分を見せたいと思うなら、それはダイエットの絶好のチャンスです。
今まで着られなかった洋服を着るチャンスでもあり、軽くなった体で新しい洋服を買うのはとても楽しいでしょう。
季節は春、夏に向けて肌の露出が気になりだす前から準備をしておけば、さらなるイメージアップにもなるはずです。
また、ダイエットをしている自分を見られたり、食欲や誘惑に負けまいと懸命になっている自分を見られることに耐えきれず、志半ばで心が折れ、リバウンドをしてしまう悲劇を避けるには、環境が変わりやすい春が一番最適なのです。
夏や冬は体が気温に順応するために無理ができないこともあり、秋は越冬するために脂肪を蓄えやすくなるのは動物全般にいえることです。
心理的にも肉体的にも、春に痩せ始めるよう、ダイエットを計画するのが最適といえるでしょう。

夏の水着を着こなす部分痩せダイエット

水着を着たいけれど、どうしても見せたくない部分があるという人は少なくないものです。
からだ全体をダイエットして引き締めるわけではなく、部分痩せをすることによって、きれいに水着を着こなすことができるようになります。

そのためには、どの部分をどのようにトレーニングをしたり、対処したりするとよいかをご紹介します。
まず、ビキニをきたときに目立つのがおなかです。
おなかは、日常生活のなかであまり筋肉を使うことがないため、少し気をゆるませると、すぐに脂肪がたまりやすくなります。とくに女性の場合には、皮下脂肪がつきやすいようにできており、出産を経験したりするとなおさら脂肪がついてしまいます。
おなかのまわりの脂肪には、大きくわけて皮下脂肪とよばれるものと、内臓脂肪とよばれるものがあります。ジョギングやウォーキングなどの有酸素運動をしっかりと行うと、体内にある内臓脂肪がさきに消費されるため、おなかダイエットをすることができます。また、毎日少しずつでも、腹筋の運動をすることによって、腹筋を鍛えることができて、おなかまわりをすっきりさせることができます。腹筋運動は、寝て状態を起こすだけの運動だけではなく、椅子に座った状態でひざをまげて、かかとを上げ下げする運動や、バランスボールなどをうまく活用して、腹斜筋を鍛えるようにするとより効果がアップします。

また、太ももを細くしたい場合です。太ももは、冷えが原因でむくんでいたり、太ったりすることがよくあります。そういう場合に効果がある部分ダイエットは、マッサージを施すことです。とくにお風呂に入っているときや、お風呂あがりなどの体温があがっているときに、心臓の方向へめがけてマッサージをすると、血流がよくなりむくみがとれてすっきりします。

秋と冬は太りやすい?注意すべき点をご紹介

1年の中でも季節によって痩せやすい時期と太りやすい時期があります。一番痩せやすい季節は夏ですが、逆に秋から冬は太りやすいといわれています。動物は、冬の長い冬眠の時期に備えて秋に食べ物を大量に摂取しようとする本能がありますが、人間にもこの本能が残っているためです。また、夏は暑さで食欲が減退しやすいうえに、身体と外の温度差があまり激しくないため、消費するエネルギー自体が少ないこともあげられます。しかし、ダイエットを行うのであれば、1年の中で秋が一番適している季節でもあります。ダイエットの効果を効率よくあげるポイントとしては、自律神経と交感神経のバランスが整っていることがあげられますが、秋は、夏や冬に比べると一番バランスがよい時期です。秋は、夏に比べると基礎代謝が上がりやすい時期です。そのため、同じ運動量であれば、夏よりも秋の時期に行った方が脂肪は燃焼しやすいです。また、日差しが柔らかくなり、涼しくなる秋は、外で運動がしやすい時期でもあります。秋に運動系のダイエットを行うのであれば、ウォーキングやランニングなどの有酸素運動が効果的です。運動する時間としては、20分以上行うのがおすすめです。朝晩の通勤や通学のときにもなるべく歩く幅を大きめにとり、腕をふりながら歩くとダイエットになります。ダイエット効果を高めるのであれば、有酸素運動を行う前に筋トレをするとさらに脂肪燃焼が高まります。筋トレを行うと、脂肪を分解してくれるアドレナリンや成長ホルモンが促進されるためです。筋トレを行うと消費エネルギーが10%前後上がるという実験データもあります。秋の間に痩せやすい体質にしておくと、冬も脂肪が燃焼しやすくなり、冬太りを回避できます。

<簡単ダイエット法>
ビーファットで痩せてみよう
<ダイエット薬は通販で手軽に購入>
お得なゼニカルの通販サイト